2011年11月30日

11.30 …。

真夜中。
家族はすでに
寝静まっているようだ。
私は
どうしようもない痛みに
身体が襲われていて
どうすることも出来ない。
痛い。
痛いという言葉が
正しいのかわからないほど
身体中が痛い。
眠気はあるのに
痛みのせいで
眠ることが出来ない。
私は痛みで
色んなことを
諦めてきたのに
眠りさえ
諦めなければならないの?
どこに
この理不尽な痛みへの感情を
ぶつければいいのか
わからない。
真夜中に
私は一人、
ベッドの中で
魘されている。
痛い。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 00:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。