2012年11月24日

11.24 身体の不思議

気付けば
こっちのブログは
こんなに長い間、
書いていなかったのね…。
書いていなかった期間の話を
長ったらしく書いてもいいけれど
今日の話題はこれ。

身体は
こんなに
痛むのに
心から
ポロポロと
言葉が
零れ落ちる。
身体って
不思議に
出来上がっているわよね。
全てを
シャットダウンしたって
きっと誰も
文句を
言えないほど
痛みを
走らせておきながら
私の頭の中では
色んな言葉が
列をなして
私に
並べてもらうのを
待っているの。
しかも
こんな時に限って
優しい言葉たちがね。
身体の中は
全然
辻褄が合わないのに
私は
この身体を
丸ごと抱えて
丸ごと背負って
生きていくしか
もう
残されていないの。
ねっ?
不思議でしょ?
でも
あなたも
そんな
不思議な身体を
背負って生きているし
あなたも
そんな
不思議な身体から
産まれて来たのよ。
その不思議を
一つ一つ
知識に変えて
全ての謎が
解けた時
人は
天に召すのかしら?
単なる医学の中の
「body」(体)ではなく
人の「mind」(心)が
全て解けた時に。
ふと
そんなことが
気になった夜。
私の身体には
厳しい冬が
いよいよ
訪れようとしているみたいね。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 19:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。