2013年02月01日

02.01 雨…

雨…。
私の関節は
いつも以上に
悲鳴を上げていて
いつも以上に
痛くて痛くて…。
それでも
生きなければならない現実は
ホントに
「生き地獄」って
言葉が
ピッタリのような
そんな気がするの。
ねぇ、
こんなことを
ブログで書いたら
みんなは
怒るかしら?
でも
これが
私が抱えている
「現実」なのよ。
雨って聴くだけで
体が
地球に
引っ張られていくみたいに
重たくなっちゃうわ。
そして
ベッドが
私を呼ぶの。
それでも私は
生きていくの。
まだ
やり残したことが
ほんの少しある気がして…。
雨の夜、
痛みに作用する湿布を
あちこちに貼って
私は
じっと
生きている。
それが
今の私の姿。
そんな気がするの。
それでも
生きていれば
そのうち
素敵なことが
たくさんあると思うのよ。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 23:22| 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。