2013年03月04日

03.04 一人ぼっち

暗くなった部屋に
一人ぼっち。
こんなに
私の体は痛むのに
世の中は
何事もなかったかのように
進んでいて。
私は
まるで
一人ぼっち。
痛みを抱えて
一人ぼっち。
私は
どうすればいいのかしら?
正解を
誰も持っていないのよね。
だって、あなたは
私の痛みを
知らないんだから。
ドクターも
家族も
さらさら
私の痛みなんて
知らないのよね。
友達だってそう。
知っているのは
線維筋痛症という
病気であって
私の痛みじゃないの。
あなただって
そうでしょう?
こんなに
痛む体を
私は
一人、抱えて、
ベッドの中で
蹲っている。
一人ぼっち。
これほど
恐いものはないのね。

早瀬さと子記

posted by 早瀬さと子 at 23:29| 真夜中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。