2013年01月15日

01.15 真夜中に…

きっと
爆弾低気圧のせいね。
痛みが
どうしようもないの。
時々、思うの。
痛いって
100回叫んだら
101回目は
違う言葉が
浮ぶのかしら?
膝から下が
千切れそうに
痛くて
むしろ
千切れてくれたら、とさえ
思ってしまうわ。
そして
背中と胸は
私の身体を
絞り上げるように
痛むの。
どうして?なんて
もう
聞く気になれないわ。
誰も
答えを
持ち合わせていないんだもの。
真夜中。
こんなに
静かな時間に
私の痛みは
身体の中で
ギャーギャーと
やかましく
言ってるわ。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 02:31| 真夜中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

01.06 もうすぐ…

もうすぐ
真夜中って
呼ばれる時間になるのね。
私は
今夜も
痛くて
どうすりゃいいのか
わからないって感じ。
いい加減、
うまく
付き合う法を
見出さなくちゃね。
今夜は、
光さえ
痛いから
本当に
真っ暗闇の中で
ブログを
打っているの。
別に
そこまでしなくてもって
きっと
多くの人が
思うでしょうね。
けれど
私は
残しておきたいの。
私が
確かに
ここにいたことを。
もうすぐ
時計の針は
明日を
指すのね。
私は
明日に
紛れ込むことが
出来るかしら。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 23:40| 真夜中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01.06 何故?

案の定
痛みが勝って
結局
眠れなくなってしまったの。
私の身体は
どんどん
痛くなるばかりで
仕方がないから
強い
オピオイドの頓服を
使った。
このオピオイドの頓服は
副作用が
辛いのよね…。
でも
今の私には
そんなことより
痛みを
何とかすることが
優先で…。
低気圧が
来ているのかと思って
ネットで
天気予報を見たら
確かに
雲りではあるけど
そんなに
大変な
天気ではないみたいで…。
だとしたら、
この
とんでもない痛みは
一体、何なの?
誰かを
とことん
問い詰めたい気分だわ。
共感してくれる人は
なかなか
少ないだろうけど。
とりあえず
少しでも
眠りたい。
皆さん、お祈りを
捧げて!

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 02:02| 真夜中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

01.04 静かな夜に…

真夜中という
カテゴリーにしたものの
他に
当てはまるものがなかった、
というだけだったりして…。

今日は
今年最初の
こちらの
ブログ更新だから
特別に
二回更新しようと
思い立ったの。
澄んだ空気や
静かな夜とは
全く裏腹に
私の身体には
脈々と
痛みが走っているの。
発作というほどでもないけれど
それほどに
強い痛みが
私を襲っている。
一応、
湿布は貼ったけれど
何だか
気休めのような気がするわ。
でも、
今年も
ちゃんと
この痛みを
引き受けて
生きなくちゃね。

それにしても
静かな夜。
それだけでも
何だか救いの気がするわ。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 23:12| 真夜中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

12.16 真夜中に…

真夜中、
例の如く、と
言えてしまうほど
痛みで
目を覚ました。
とりあえず
激痛発作のようなものが
引いていくのを
ベッドの中で
ぬいぐるみのくまさんを
抱き締めながら
待つ私。。。
激痛発作が
治まった後は
関節などを
中心に
痛み止めの湿布を
貼っていく。
湿布を貼っていて
ふと
思ったことは
全て
左右対称ということ。
こんな時
やっぱり
FMなんだなぁと
痛感してしまう。
いつまで
この痛みを抱えて
私は
生きていくのだろう…と
時々、
不安になりながら
私は、とりあえず、
この真夜中を
生きているようだ。
この激痛の中で
眠れる自信がないので
今夜は
睡眠薬の
お世話になろう。
眠れますように…。
そう祈るばかりだ。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 01:54| 真夜中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

12.03 うつらうつら

いつの間にか
うつらうつら。
でも、
私の場合は
ずっと
うつらうつら。
痛みのせいで
熟睡が
出来ないのよね。
ずっと
うつらうつら。
そんな
うつらうつらの
眠りの隣には
いつも
ぬいぐるみのくまさん。
真夜中。
私は今夜も
ちゃんとした眠りには
入れなさそうな予感。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 00:23| 真夜中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

11.01 大阪の夜に…

真夜中…。
大阪の夜…。

image-20121101035914.png

こんな夜景が
見える夜でも
私の体は
関係なく痛む。
誰かに
ねぇ、どうして?って
聞きたいけれど
そんなこと
聞いたって
今、この瞬間の痛みが
消えるわけじゃない。
ふと夜景を見ながら
私の痛みは
いつまで続くのかな、なんて
思ったりしてしまった。
人生、
ゆっくり
生きなくちゃね。
そう自分に
言い聞かせながら。

早瀬さと子記




posted by 早瀬さと子 at 04:05| 真夜中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

10.24 寒い長い夜に…

今年、初めて
暖房を使った。
季節は着々と
移り変わっているのに
私は
痛みに蹲り
立ち止まったままだ。
少し眠ったのに
恒例の如く
痛みで目が覚めた。
最近は
指先が
強張る上に
強烈な痛みを
伴っていて
何かを握ったり
ちょっとした物を
開けることが
私にとっては
辛い作業と化している。
特に朝の
強張りと痛みは
何より強烈で
私はたじろいでしまう。
もう冬の足音さえ聞こえそうな
寒い長い夜。
私は痛みで
天井を仰ぐことすら出来ず
痛む手で
ぬいぐるみを抱き締めて
またベッドに
蹲っている。

痛い…

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 00:34| 真夜中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

10.13 1時間半おき

今夜は
痛みくて
お陰で
1時間半おきに
目が覚める。
今も
5分ほど前に
目が覚めた。
その度に
睡眠導入剤を
使ってみたり
気休めに
オピオイドの
頓服を
使ってみたり…。
その時は
まぁ何とか
眠りには
就けるんだけど
やっぱり
痛くて
目が覚める…。
寝るのにも
疲れるって
これ、どうなのよ?

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 03:56| 真夜中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

10.10 眠りたい…

今夜は
久しぶりに
爆弾の激痛。
身体の
全てが痛い。
でも
誰もどうすることもなく
母は
大丈夫?などという
言葉もなく
早々に寝た。
娘が
こんなに
苦しんでるのに
よく眠れるなと
妙な
感心をしてしまう。
家族は
理解しているようで
全く
理解していなく
むしろ
理解とは
程遠い。
厄介なのは
まるで
理解しているかのような
態度を取ること。
彼女たちは
理解とは
程遠いところで
生きているし
私と
そんな風にしか
接していないのに
いかにも
理解しているように見える。
これは
実に厄介だ。
息をすることも
背中や
胸に
激痛が走り
深呼吸など
夢の話になってきた。
大の字になって
天井を仰いで
深呼吸をしてみたい。
無い物ねだりだけれど
やっぱり
夢は見てしまう。
少し
ゆっくりしたら
ピークの波は
過ぎ去るからと
自分に
言い聞かせて
もう
3時間以上が経つ。
痛いという言葉が
果たして
正しいのかさえ
段々
よくわからなくなってくる。
眠りたい。
それが
私の今の
ささやかな願いだったりする。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 02:10| 真夜中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

10.06 何故かしらね…

ふと
考えてしまうの。
特に
痛みが強烈な
こんな夜には。
でも、
何故かしらね。
こんなに
体中が
痛むのに
詩の原案が
浮かんでしまうの。
ポロポロと
面白い言葉が
私の指から
溢れ出して。
私は
とりあえず
それを
ベッドサイドのメモに
書き留めたりして…。
こんな時
思うの。
ベッドサイドに
メモと
万年筆と
ネタ帳を
置いておくなんて
何だか
休む気がないんじゃない?
なんてね。
でも、現実には
休まないと
体はもう
悲鳴を
上げているわ。
明日、私に
朝が来たなら
ポロポロと
書き留めた言葉を
編集して
詩に
書き上げようかしら。
いくつの詩が
生まれるのだろう。
何故かしらね。
私には
いつも
どんな時も
詩がまとわりつくのよ。

早瀬さと子記

posted by 早瀬さと子 at 00:00| 真夜中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

10.03 ぬいぐるみのくまさんとの真夜中

何故か
腹痛で目が覚めた。
内臓痛ではない痛みに
びっくりしてしまった。
ただ…
悲しいことに
腹痛の渦中でも
やっぱり
強烈に
背中は痛くて
一人、ベッドで
もがいていた。
腹痛が
少し治まって
背部痛だけが
私の体に
残った今、
ふと録画した落語なんかを
付けてみたりして
何とか
気を紛らわす。
そうじゃないと
とてもじゃないけど
やっていけない。
でも、
だからと言って
背部痛が
ましになるわけでもなく、
私は
ベッドの中で
ぬいぐるみのくまさんを
抱き締める。
オピオイドの
頓服を飲んで
痛みのピークが
治まるのを
待ちながら
私はふと
ぬいぐるみのくまさんが
すごく
愛しくなった。
私は
この痛みの中で
再び
眠りに就けるのだろうか。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 02:56| 真夜中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

10.01 台風…

台風は
我が家に
被害を齎すことなく
過ぎ去ろうとしているのに
台風は
私の体に
強烈な
かつ
残酷な
痛みを残して
とっとと
行ってしまったの。
どの態勢でも
体は痛くて
時々
息が苦しくなってしまう。
落ち着け、自分!
そう
言い聞かせてる感じかしら。
明日が来ることが
悲しいことなのか
嬉しいことなのか
わからなくなってきたわ。
この痛みが
明日も
続くのかもと思うと
悲観的になるけれど
明日には
少しは
ましになってるかもと思うと
ほんの少し
楽観視も出来るもの。
ん〜複雑ね…。
風の音も止み
静かな
いつもの真夜中に
私は思うの。
生きてるのね、私、って。
だから
痛みを感じるのね、って。
でも
そんな想いは
激痛の嵐に
吹き飛ばされそう…。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 01:57| 真夜中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

09.25 一人、ベッドの中で…

また
痛みで
目が覚めた。
私は
ベッドに
蹲っている。
どの態勢でも
身体は
痛くて
私には
明日のようなもの
夜明けのようなものが
全く
見えて来ない。
天井すら
仰げない真夜中に
私は考える。
「これから」のこと。
真夜中の
ベッドの中は
一人ぼっちで
孤独だ。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 02:52| 真夜中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

09.21 剣山

真夜中
背中に剣山が
突き刺さっているような
強烈な痛みに
襲われている。
部屋には
もう誰もいず
私は一人ぼっち、
言葉にならない程の
激痛と
闘っている。
もう
どうすればいいのかわからず
お手上げ状態。
使えるだけの
オピオイドの頓服は
すでに使った。
強制終了させようと
睡眠薬の力も
今日は借りてみた。
けれど
この
背中に
突き刺さった剣山には
どれも
効果がないみたいだ。
どうすればいいのかわからず
私は
ただただ
混乱するばかり。
どうして
痛みにばかり
振り回されないといけないの?
そんなことを
ふと思う。
今の願いは
たった一つだけ。
深呼吸をして
眠りに就きたい。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 01:06| 真夜中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

09.16 うぅ…

遂に
「真夜中」という
カテゴリーを作った(笑)
いつものように、と
言えるほど
いつものように
真夜中
激痛で目が覚めた。
週末と
連休ということもあり
姉の家に来ていて
今、ホットパックで
身体を
温めながら
ゆっくりゆっくり
姉に
背中を
摩ってもらっている。
ありがたいなぁと
本当に
しみじみ
感じている。
ただ
悲しいことに
痛みは
和らがない。
むしろ
強くなっている。
頓服のオピオイドも
二回、使ったのに
何故?と
誰かを
問いただしたい気分だ。
おまけに
内臓痛まで
出てきたのか
胃痛まで
ひどい。
真夜中、
見上げることの
出来ない天井には
明日の夢が
描かれているのだろうか。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 02:30| 真夜中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。