2010年10月19日

10.19 目の前の光景

痛みのあまり、
呼吸が苦しくなってきた上に
痛みのあまり、
失神しそうで
意識が
薄れそうだ。
普段と何も変わらない
目の前の光景が
何だか
愛しく思えてしまう。
ここまで痛いと私に
明日があるのか?と
思えてしまう。
そして、
いっそ私に
明日がないほうが
救いかもしれないとさえ
思えてしまうほとだ。
痛いあまり、
呼吸が出来なくて
失神してしまいそうで
吐き気もする。
その上に
ここまで来ると
どの薬も
効いてくれない。
そんなに
悪いことばかりしてきたつもりは
私にはないんだけど
この激痛は
何の罰なんだろう。
いずれにせよ
今は
この目の前の光景を
ずっと眺めていたい。
そしてせめて
息をしたい。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 00:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

10.18 もう…

痛い。
とにかく痛い。
どうしようもなく
痛い。
もうどうにも出来ず
何の薬も
効かない。
痛みが強すぎて
吐き気もひどい。
蛍光灯の光や
少しの風も
痛くて仕方ない。
こうして
ブログを打つのも
もうそろそろ限界。
どうして私だけ?
痛いって言葉が
適切なのかも
段々、
わからなくなってきた。
痛い。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

09.21 点滴

久しぶりに
点滴をする。
針を刺すだけで
激痛に変わるリスクのほうが、
点滴の効果より
高いと感じるのは
本人だけか?
新薬が奏効しなかった私は、
既存の治療の中で
何が残されているのか
一つずつ
消去していくしかない。
段々、
消せるもの自体が
少なくなってきた今、
私は、どうすべきかと
毎日、頭を抱える。
そして考える。
神様はどうして
私に痛みを与えるのだろう、と。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

08.11 お知らせ

闘病記の更新が
なかなか出来ず
申し訳ありません。
本業のほうが忙しく
なかなか
こちらまで手が回りません。
体調は悪いですが
倒れながら
作家業を頑張っています。
公式ブログの更新を
頻回に行っていますので
公式ブログもご覧下さいませ。

早瀬さと子のブログSatoko's Page

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

08.02 先生?

受診日の今日。
FMSが
ここまで悪くなって
味覚までなくなって
先生に何度も
何度でも
聞きたくなった。
「私はいつ治るの?」
と。
誰もが
その答えを
持っていないことは
百も承知だけれど
それでも聞きたい。
「私はいつ治るの?」
と。
いつまで
こんな生活に耐えれば
私は許されるのだろう。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

07.23 久しぶりに

久しぶりに
闘病記を更新する。
何を書けばいいのか
自分でも
戸惑ってしまうほど
症状に変化はない。
むしろ、悪化しているほどだ。
けれど、私には
生きることしか
もう残されていなくて
目の前の個展を
成功させることしか
もう残されていない。
変わらず静かに
痛みと闘う毎日だ。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

06.02 新たな症状

最近、足の裏が
痺れるように痛くなる。
しかも強烈に。
お陰で立てなかったり
歩くことに、かなりの苦痛を伴ったり。
周りは、そんなことを
知る術もないから
何をゆっくり歩いてんだ!って
感じだろうけど、
私にとっては
一歩一歩が超闘い。
こういう時に
すごく思う。
あ〜ヒールの靴が履きたいなぁって。
もうヒールの靴は
遠い夢なのかな…。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

05.31 痛い

痛む。
とにかく痛む。
背中をナイフで
グッサグッサ刺されているみたい。
ほんの少しの
光や音も
痛みに変換されて
とにかく痛む。
失神してしまいそうだ。
内臓痛も激しく
胃がちぎれそうに痛む。
こんなに痛いのに
死なないなんて
神様は残酷だ。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

05.28 真夜中

寝返りの激痛と
全身の痒みで目覚めた。
時計を見ると
あれから、きっちり4時間だ。
「あれ」というのは、
強いモルヒネを投与した時間。
昨日の痛みは、あまりにも強く残酷で
久しぶりに強いモルヒネを使った。
それほどお手上げだったのだ。
次の日、どこかへ出掛けての
スケジュールではなかったから
思い切って使えたのだけれど。
きっちり時間しか
仕事をしないモルヒネに
私は少し尊敬する。
相手のことを
何も考えないで、と。
また痛みが強くなり始めた。
もう強いモルヒネは入れたくないので
私は一人、耐える。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

05.23 サザエさんシンドローム

雨の日は辛い。
そんなことを思っている間に
オフが終わっていった。
10日間のオフの間に
新たな症状が増え
新たな薬も加わった。
私はその度に勉強をした。
でも、全てのことが
もうさほど良くならないと示していた。
そのことを理解して納得するまでに
私には、
あとどれくらいの時間が必要だろうか。
オフも今日で終わる。
夜が明ければ、痛みを理由に
立ち止まることは許されないし
そんなことを許したくない。
モルヒネでフッラフッラでも
凛々しくありたい。
オフ最後の日は
まるでサザエさんシンドロームになったようだ。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 19:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05.23 雨

背中の痛みと
雨の音で目が覚めた。

雨の勢いが
どんどん増していく。
同時に
背中の痛みも
どんどん増していく。

私は
やまない雨がないことを
明けない夜がないことを
すでに知っているけれど
真っ暗闇に一人で思う。

とりあえず、
私は生きているぁって。

真夜中、色んなことを
思い巡らせるけれど
たった一つで
今を生きるしか残されていないと知り
驚愕するのだった。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

05.22 真夜中

痛みで目が覚めた。
真っ暗闇だ。
布団すら痛く
体はをベッドに
横たわらすことすら
本当に痛い。
人たちは
私の痛みを
理解したいなんて
簡単に言うけど
理解なんて
出来るはずがない。
だって私自身が
問題の理解が出来ず
立ち尽くしているのだから。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

05.18 点滴

たった30分の点滴のために、
大阪まで向かう。
点滴の針を刺しただけで
全身に
広がっていく激痛。
この努力が
報われる日は
本当にあるのだろうか。
病気と付き合わなければならないことぐらい
言われなくてもわかってる。
でもまだ私は
それを受け入れられず
もがいているように感じる。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

05.16 闘い

この痛みと闘って
もうどれくらいの時間を
費やしただろう。
今夜は自分の無力さと
痛みの悔しさを
ほとほと感じる。
明日、緩和ケアのドクターを
受診予定だけれど
ドクターに何度も何度も尋ねてみたい。
もう治ることはないのか、と。
私は痛みのお陰で
これから、どれくらいのことを
諦めなければならないのか、と。
生きているから、
痛みを感じることが出来る。
それは確かにそうだけれど、
私だって感情を持つ人間に変わらない。
いつも生きていることに
感謝の感情を抱けるわけではない。
それでも命を取られないことには
感謝をしなければならないと
自分に、言い聞かせている。
私の闘いは
いつまで続くのだろうか…。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05.16 痛む…

痛む身体。
理解されない周囲を抱えて、
私は一人、佇む。
どうして私だけが?と
天を仰いで
聞いてみたりもしたけど
もう答えは持ち合わせていない。
どうすることも出来ず
私はまた天を仰ぐ。
それでも身体が痛いことには
何一つ変わらない。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

05.15 真夜中

痛みで
眠ることが出来ない。
外はまだ
漆黒の世界だ。
私はそのことに
ゾッとする。
そして気付く。
己がまだ
きちんと
息をしていること。
真夜中は
私にとって
恐怖以外の
何者でもない。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

05.05 内臓痛

あまりの胃痛に
目が覚めてしまった。
寝返り以外の痛みで
目が覚めることは
珍しいかもしれない。
胃痛だけでなく
当たり前に全身が痛む。
これが自分の身体かと思うと
正直ゾッとしてしまう。
まだまだ受け入れられていない証拠だ。
何もかも、受け入れなくてはいけないのは
よくわかるけれど
全身が痛いなんて
医療用麻薬を使わなくちゃいけないほどなんて
理解は出来ても
納得はしたくない。
それでも今、この瞬間も
痛みは絶え間なく
襲っている。
色んなことを考えてしまう真夜中だ。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

11.04 クジラさんへ

このブログをお読み下さっていることを
心から祈って書いています。

私はあなたに伝えたいことがあります。
あなたに知って欲しいことがあります。
それは、命について…です。

もし、このブログをお読みになられたら
アドレスを入れて
コメントを下さい。
そのコメントはアップしませんので
ご安心下さい。
それから、コメントに頂いたアドレスに
折り返し私の携帯からメールします。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 22:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

05.05 突出性疼痛…徹夜かな…

時計の針は午前2時。
家族が愛おしく眠りに就いた姿は
私の壊れそうな心に、少しの平安を与えてくれました。
ここ最近、よく悩まされている胸部の突出性の痛み。
こればかりは、レスキューを使うしかありません…。
でも時計はもう午前2時。
何だか嫌な予感がするのは
私だけなのでしょうか?
個展初日をほとんど寝ていない状態で
迎えそうな予感がします。
あと、どれくらいで
私は痛みから解放されて眠れるの?

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

04.26 眠れない…

2つの理由から
入眠出来ず困っています。
一つ目は激痛。
今夜は筋肉だけでなく
内蔵痛も出始めています。
二つ目は
それによる「不安」です。
人間は1日ぐらい寝なくても
死にはしません。
でも、これだけ痛みと闘った身体は
すでに疲労困憊で眠気は充分なのに
痛みがそれを奪うのです。
こんな時は神様に祈るしかありません。
私を愛して下さい、と。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。