2011年11月26日

11.26 今の私

今、私が
酸素吸入をしながら
このブログを書いているとは
誰が想像していることだろう。
体調が思うようにならない。
それでも最近は
今、この瞬間を
「生きている」ということを
大切にしようと
思っている。
今の私には
これらの全てが必要で
これらの全てを欠かせない。
今の私の体調は
本当に不安定としか
言いようがない感じだ。
その中で
私は自分とどう向き合うか
痛みとどう向き合うかを
突き付けられている気がしている。
とりあえず、
生きていれば
何とかなる。
最近では、
そんなことを
思ったりする。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 11:00| 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

11.21 受診

忙しい中でも
受診に行かないと
どうにもならない体が
すごく悔しい。
どうして
こんなことになるんだろ、と
最近、よく考える。
でも、それは
考えても
何の答えも出ないことなのに。
緩和ケアの受診では
「少し疲れてるね」と
的中のことを
すごく冷静に
言われた。
新薬ではないけれど
新しく
取り入れた薬もあったりしている。
明日は明日で
モルヒネを処方してもらいに
また
受診に行かなければならない。
受診を欠かさずに
スケジュールを組むって
意外に難しいよね。
ベッドで横になりたいけど
あ〜まだ原稿が
終わらない。。。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 16:38| 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

11.20 ベッドの中で…

低気圧のお陰で
体調が
最強に悪い。
ベッドの中で、
重く痛む身体を抱え
眠れぬ夜を
過ごしている。
でも、それは
確かに生きている私の姿で
受け入れる以外の法は
もう残されてはいない。
葛藤は
もちろんある。
痛みのお陰で
悔しい想いも
たくさんしている。
でも、それも全て
引き受けなければ、と
思っている。
ベッドの中。
微かでも
確かに息をしている私が
ここにいる。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 00:13| 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

11.18 真夜中

ようやく
ベッドに横たわっている。
けれど
横になっていることも
痛くて仕方ない。
それでも
このことを
記録しておかなければと思った。
私が確かに
生きていることを
残さなければ、と思った。
今の私には
そんなことしか
出来ないのかもしれない。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 00:27| 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

08.26 生存報告

随分と
ご無沙汰していて
すみません。
低気圧のせいなのか
暑さのせいなのか
一段と体調を崩しています。
でも、こんな時だからこそ、
辛くても
記録しておかなければと思い
痛む指先で
文字を打っています。
もっぱら
ベッドで過ごすことが
多くなった今日この頃。
色々な治療薬や治療法が
耳に入っては
また、消えていく毎日です。
でも、とりあえず
生きていますよ。
まずは、生存報告まで。。。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 20:57| 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

07.25 雨の夜

雨。
このだるさも
この重痛い感じも
納得出来る言葉。
でも、勘弁して欲しい。

変わらず痛む指先。
最近では
多くの時間を
ベッドで過ごしていて
というより
あまり多く
動くことが出来なくて。。。
段々、普通の生活を
忘れていきそうな自分が
少し恐かったりする。

雨。
星のない夜空が
意外に涼しくて
私には、これくらいが
ちょうどいいのかもしれない、と
思ったりもする。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 20:41| 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

01.25 こちらでは…

お久しぶりになってしまいました。
なかなかオフの期間は
公式ブログと闘病記を分けて
ブログを書くというのは難しく
また公式ブログが
携帯から書きやすいこともあって
こちらの更新が出来ず
申し訳ありません。
最近の私は絶不調が続いています。
やはり、この寒さは
身体に痛く、辛い毎日です。
また、グラスが重なる音が痛かったり
うまく表現できませんが
刺さるような音が痛い毎日です。
先日は、外出先でダウンしてしまい
自分でも本当に情けなかったです。
それでも何とか
「生きて」います。
何とか生き抜きたい、と願っています。
いつか、この痛みが
過去になることを祈って。
どうぞお祈り下さい。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 20:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

10.19 受診日

ペインケアのドクターの受診日でした。
相変わらずのような、
色々と変化があったような、
微妙〜な話になっています。
痛みが強い日が続いている時は
メンタルケアも含めた受診なので
話は尚更、ややこしいのです。
でも!!
ゴルフ焼けした腕で
明らかに昨日、飲み過ぎたやろ!と
突っ込みたくなるような顔は
まずいですよ〜。
上司に会いたくない…って感じの
いつも顔付きが
今日は一層、会いたくないと
主張しているようでした。
その赤い目が
昨日の当直の結果であることを
切に願った私です。
それでも、ちゃんと
外来を仕切る彼を
今日はどことなく頼りなく感じてしまいました。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

09.17 疼痛日記

緩和ケアの分野では
こういうのって
よく用いられるのですが
線維筋痛症の分野では珍しいのかな?
ペインケアのドクターの
「正当な評価をするために…」という話を聞いて
私なりに数日、色々と考え
疼痛日記を付けることにしました。
昨日、電話相談済みで
詳細の指示も受け、正式に始動って感じです。
お陰で日常生活は少し面倒なものになりますが
何が痛みに繋がるのか
一日の中で痛む時間帯は変則的なのか、などなど
色んなことが顕著にわかるようになります。
ただ、今のところ一環して言えるのは
私の場合は、全く関連性がない疼痛であるということ。
その代わり、自分の痛みの質に対しては
少しゆとりを持って接したり
外出中の突出性の疼痛でも
焦らずに、記録を見て対応したりすることが出来ます。
いつまで続くのかわかりませんが
とりあえず、疼痛日記を付け始めた私です。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

09.15 日常生活

ずぅっと考えているけれど
当然のことながら
答えなど出ない話。
私には生活の中で
何を選んで生きていくか、なんて
どれもこれも考えていられない。
日常生活の中で起こる多くを
私は選べずに生きている。
今日もそんな一日だった。
そして、一日が過ぎていった。
この調子だと
明日も、こんな感じかもしれない。
けれど、これが実は私なのかもしれない、なんて
ふと私は思ってしまう。
それは線維筋痛症であろうがなかろうが
もしかしたら関係ないのかもしれない。
考える一つの契機に
線維筋痛症というものがあるだけで。
それでも思う。
私の日常生活を多くは
何を一番に重点を置くべきだろうか、と。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 20:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

09.13 人生計画

ここ数日の疼痛のお陰で
私の心はすっかり萎えていたものの
何とか取り戻そうと努力しています。
そして、改めて
人生計画を立て直そう!なんてことを
思った今日でした。
全てを受け入れる準備は
今はまだ出来ていません。
けれど、それを早い段階でしないと
何だか後悔しそうな気配が
漂い始めました。
小学生と走り回れる今を大切に、
会議に出席出来る今を大切に、
友達と遊べる今を大切に。
そんなことを考え始めました。
そして、これから闘病記の多くを
私の人生の記録に費やそうと思います。
正直、今日の私には
夢を語れる程の心理的余裕は存在しません。
ただ、これだけは書くことが出来ます。
どんな形になっても
私は「詩」を書き続ける、と。
それだけは何があっても
皆様と約束できることです。
これから、どんな人生計画を立てて
それがどこまで実現するかは
全く未定です。
けれど、それを早い段階で実行する必要性を
ひしひしと感じている私です。

早瀬さと子記

折鶴をまだまだ受け付けています。
以下、折鶴の宛て先です。
〒632-8799
奈良県天理市川原城町296-5 私書箱53号
「早瀬さと子事務局」行
posted by 早瀬さと子 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

09.07 毎日の記録

まだ外は薄暗いというのに
胸の痛みで目が覚めた。
とりあえず、トイレに行こうと思い
立ち上がるものの
試験的に使っている新しい薬のお陰で
足元がフラフラで
転んでばかりで
ようやくトイレに辿り着いたという感じだった。
私がこうして
フラフラの身体でブログを更新していること自体
もう奇跡に近い。
本当は、こんな時間に
起き上がれるはずがないのだから。
それでも私は思う。
これを記録して!と。
カメラを回せ!
音声を取れ!
それは私が常に思っていること。
私は悲劇のヒロインではない。
でも、どこかの誰かが
この現実を記録するべきだと思う。
だから、私はそこにカメラがあるなら
カメラマンがいなくても
音声さんがいなくても
とりあえずハンディを回す。
もちろん、ディレクターがいてくれたら
それは有難い話なんだけど
そう暇な人でもないし。
人生を記録するということ。
私にとってそれは
とても大切なことのような気がする。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 05:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

08.12 時間の使い方

人間が生きていられる時間は限られている。
最近、そうしみじみ思う。
それは別に自分の命の先が見えたとか
そんな意味ではなくて。
でも時々、私は考えている。
生きていられる時間の中で
私は何をしたいだろう、って。
どの段階を死という定義に
当てはめるのだろうという論議は抜きにして。
ある人とこんな会話を交わした。
A:「5月まで、あと9カ月だね」
私:「もう9か月しかありませんね」
A:「君はそう取るんだね」
私:「えっ?」
A:「僕は違う。9カ月もあると思うんだ」
この時、ハッと気付かされた。
確かに9カ月だけれど
9カ月もあるのだ、と。
私は何に焦っているんだろう、と。
確かに命の時間は限られている。
それは私だけに与えられたものではなく
誰でもが等しく与えられたこと。
そして思った。
無駄に時間を過ごすことも
もちろん大切なことだけれど
時間の使い方を考えることも
それなりに必要な気がする、と。
だからと言って、
何かの答えに似たものが出たわけではない。
どちらかと言うと
その答えを見つけるために生きている気もする。
それでも、時間の使い方を
ほんの少し考えたいと思った。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

07.31 回るカメラの前

私はずっと、自分の闘病を
回るカメラにおさめてきました。
もちろん、何処かの誰かの役に立てば…
という思いもあります。
けれど、その前に
私が生きていたこと、生きていることを
記録しておきたいと思うのです。
私の寝ている部屋に
こんな張り紙がしてあります。
苦しんでいる時こそ、カメラを回せ!と。
親にしたら、それは苦しい選択でしょう。
けれど、私がそうであった事実を
残しておいて欲しいのです。
私はいつか必ず死にます。
それは私だけに訪れる特別なことではありません。
父にも、母にも、姉にも
そして、あなたにも平等に訪れます。
その中で私は、回るカメラの前で
今日も、今日生きている私をおさめました。
私が生きている限り、きっとそれは続きます。
どれ程、痛くても、私は詩い続けます。
息が出来ない程の激痛の中でも
生きている私を残しておきたいからです。
その中で、どんな姿でも詩った私を
覚えて欲しくて、私は今日も
回るカメラの前で語ります。
「生きているね」と。

早瀬さと子記
posted by 早瀬さと子 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。